caferista

Blog

My story of coffee⑥2011.05.27

2009年11月30日のことでした

都内にある、とあるカフェのラテアート講習会に勇気を絞って参加してきました

仕事後に直接参加させて頂きました

緊張しながらついてみると、まるで僕とはかけ離れたスタイルのかわいらしいいお店

やばい!場違いだ!!と思ったのは正直なとこです笑

そして数人入ってきて計8名

数名は以前も来たことがある方のようで、自然と話もオーナーの方とスムーズ

家庭用のマシン2台を使っての講習会でした

始めは豆や抽出についてなどの軽い講習会

そしてそのあと実技でした

マシンが僕が持ってるのと同じ為、できると思ったら大間違い

ハートすらもやってもできません

というより浮かんでも来ませんでした

何故?何故??と思いながら次はアドバイスをもらいながらの一投

できました・・・

今までほぼ自己流で教えてくれる人がいなくて、やってたけどこんなにわかりやすく理屈で教えてもらえた

その後は自分でやってもハートができる

すごい嬉しかったです

そして最後にオーナーの人の腕前を見ました

こんな驚いたのは初めてでした

白鳥を描いてくれたんですが、あんなに繊細できれいなアートほんとに度肝を抜かれた感じです

ここから僕の心に火が付きました

さっそく帰ってから練習

コツをつかんだから、ウキウキしながら帰ってやると・・・

またできなくなってました・・・・笑

あそこでできて帰ってできなくなる人はいると聞かされました

ほんと不思議な場なのです

そしてその場にまた関わっていくのです

つづく

今日作ったリーフ  こないだの人生初のリーフと比べると歴然ですね笑  これも上のほうは曲がってはしまいましたが・・・(写真をクリックして大きくするとわかりやすいです)

busy enough2011.05.25

6月も近づくとやること多くて、自分のスケジュールが結構埋まってます・・・

毎日のように商談やら面接やら資料集めやら試食やら・・・

明日は保険会社さんと・・・

こうもやることがあると何かやり忘れが起きそうで怖いです・・・

でも!!!

たぶん今が一番いろいろ考えて楽しい時期でしょう!

始まったら大変で楽しむ余裕がないかも?です笑

なのでしっかり今を楽しみたいと思います^^

少しずつ準備をこなしていきたいと思います!

これは1年5か月くらい前?初めてリーフに挑戦した時のです

あの時は初めてでこんなにできた!!って喜んでましたが、今見ると悲惨です笑 薄っすいですね~  こうやって写真に収めとくと自分の成長が見れます^^ ちなみに自分で家で作って撮った500枚以上のラテアートの写真を持ってます^^

My story of coffee⑤2011.05.23

帰国後、運よく仕事もすぐ見つかり初のカフェでの仕事

と言ってもコーヒーを作ったりするわけではありません

ウェイターとしてのスタートでした

お皿の持ち方から1から学び、コーヒーを作ること一切なく半年以上働きました

そしてだいぶ一通りの仕事ができると認められたのち、やっとドリンク作りに参加させてもらったのです

またすべて1から学ぶといったとこです

カフェとはいえ、エスプレッソマシンを使ってコーヒーを作ることが1日に数回の店

さらにスタッフはたくさんいるので、1日に一回もやらないなんていうことはざらにありました

それでも覚えたくてお店の暇な時間などに自分で牛乳を買ってきて練習させてもらいました

スタッフの子でラテアートのハートができる子がいたのを見て、ものすごく感動し、すぐのめり込みました

そしてまぐれで1発でできてしまったのです

その後は理屈もわかってなかったので何度もできるときできない時を繰り返しました

そうやって夢中になってるとき、mixiでラテアート講習会のトピックを見つけました

これが僕のターニングポイントでした・・・

つづく

初めて挑戦してできたときのハート 

I made this T-shirt2011.05.21

お試しを兼ねてお店のロゴでTシャツを作ってみました!

そして今日届き、見てみると・・・

まじ大満足の出来!!!

かっこよすぎる!!!!(完璧自己満ですw)

そしてanvilなので素材もしっかり!!

この調子で違う色やマグカップ、トートバックなども作って、ひっそりお店で販売するかも?です笑

そしてこれを着ているレアな僕にお店で会うかも??(常に着てるかもしれませんが笑)

欲しいなと思った方はご来店ください~

たぶんちょっとずつやってくと思います!

My story of coffee④2011.05.20

過酷な季節労働を耐え、セカンドワーキングホリデービザ申請の権利を得たときすでに12月末

最初のビザが切れるまで2か月ちょっとです

このまますぐセカンド申請して2年続けていくべきか迷いが出ました

というのも、もし1月から学校に通い2月に卒業して仕事探しをして、果たしてほんとにすぐカフェで働けるのか

またもし見つからなくてお金が無くなり、カフェ以外で働かざるを得なくなり、残り12か月しかない期間を無駄にするのでは?と思いました

そして一度日本へ帰国を決意しました

お金をしっかり貯めて、カフェでのみ働けるようお金に余裕をもって、がんばって探し続けようと思ったんです

ほんとは学校早くいきたい気持ちをファームへ行ったことで我慢したのに、さらに我慢するのにはかなりつらい思いをしました

そしてそれならただここにいるだけなら意味がない,早く行動しようと1か月ちょいの滞在猶予を残したまま帰国しました

日本に帰ると真夏から真冬に帰る状態

45度の中仕事をしていたのに、帰国すると5度

40度の差ですよ笑

そしてすぐ仕事を探し出しました

どうせなら英語も使えて、学校行くとしても先にカフェで働いてたほうが後々いいのでは?とカフェでの仕事を探しました

これはやっぱり以前、経験があるか?って聞かれ続けたことから念のためって思いです

運よくも帰国後1か月以内で都内のカフェで仕事が見つかりました

面接してるときもそばに外人のお客さんがいて、いい環境だと思ったのが最初の感想です

つづく

メルボルンはこういったストリートアートもたくさん楽しめます

My story of coffee③2011.05.18

履歴書持っても相手にされないこと1か月

すでに8月でした

ビザが切れるのは3月頭なのでほぼ半年しかありません

ここで前お話に出した、セカンドワーキングホリデーのビザを取るには3か月の農業経験が必要

そして必ずしも3か月ちょうどで取れるとは仕事の流通しだい

危ないのでそろそろ考えないといけないところ

正直、5週間のバリスタコースを早く行って資格が取りたかったんですがもしそれをやると、どうしても取ってから農業に3か月行く形

せっかく勉強しても3か月空いてしまうのです

それはやっぱり心配なので諦め、農業を先にすることに決めました

ファームに連絡するとクイーンズランド(オーストラリアの北のほう)のバンダバーグと言うところで仕事が10月から入れるとのこと

すぐ予約をして、それまでは日本食レストランのキッチンハンドで働くことにしました

幸いキッチンではオーナー(インドネシア人)と僕の二人で英語環境だったのが一番良かった

そして10月メルボルンから13時間くらい?かけてバスや電車を乗り継ぎバンダバーグへ

この時期がきつかった

40度を日々超える炎天下の中時には10時間以上の農作業

時には大雨、大嵐の中素足で、泥に埋もれながらの作業

家に戻っても冷房もない部屋

でも最高の仲間たちと最高の期間を過ごすことができました

つづく

I made a blunder…2011.05.17

本日大失態をおかしました・・・

車の免許を取ってから早10年、原付を合わせると13年

特にこれといって大きな事故などはありませんでした

そして今日!!!!

\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ? と言いたくなるようなことが!!

車でお出かけしようと車庫から車を出す時です

家の車庫はものすごい狭いんです 車のわき数センチしかないくらいの・・・(10cm以下です)

それをバックしながら斜めに出なくてはなりません

さらに鉄板がある上を斜めに通らないと、下水道の溝にタイヤが落ちるという難易度の高い上級コースです

今日も何度も切り返しながら、鉄板の上にもっていこうと数センチの中を動かしました

いつもならすんなりなのに、なぜか今日はうまくいきません

そしてサイドミラーを開くと壁に当たるので閉じながらやるんですが、ある程度抜けて開ける状態になったので開き、あとは鉄板の上にタイヤをという部分だけでした

しかし切り返してもなぜかもってけない!

あと数センチなんですがいけない!

まぁ数センチだから大丈夫だろうと思ったのが間違い

勢いよくバーック!!!!

傾斜になってるため車がずざーっとバック!!

すると隣の家の小さな木(なぜかすぐ鉄板のわきにあるのです・・・)にミラーがひっかかる!!!

そしてバック!!!

もちろんバキッ!!!!っと・・・・

ん?

とみると

\(◎o◎)/!

右のサイドミラーがな~い!!

地面に落ちてました・・・

鬼凹みですよえぇ・・・

でもうまいこと折れて、いまはしっかりはまってはいますw

接着剤でやれば問題なくつくでしょう・・・

いや~高級車じゃなくてよかった!

軽でよかった^^

って自分の車じゃなくて親の車なんすけどねw

ごめんなさい・・・

ちゃんと弁償します・・・

今日ほどドラえもんがいてほしいと思ったことはありません・・・

Health center2011.05.16

本日は保健所へ行ってきました

すると会話のなかで検便が必要とのことになり、さらには従業員がいたり、できたらその人たちも提出するのがほんとは決まりなようです

今までバイトとかしてきてそんなのなかったと言うと、一応決まりと言うことで他でみんなが申請してるかと言ったらやっぱり違うみたいで、保健所も見てみぬふりと言うかなんというかって感じでした

まぁ大きなレストランで全員検便検査して、新しい人が入ったらまたやってってやってたら大変ですよねw

そう考えるとひとりでやるのはなにも問題ないし、気楽でいいのかもしれませんw

という実はこういうことがあるんですよ?という裏話でした^^

今日はなんかだるいなぁ~と思ったら微熱がありました

上がらないようにしなくては!!

みなさんも気を付けて!

急にあらわれてメイン道路ふさいで、デモなんてよくあることですw

My story of coffee②2011.05.15

僕はいつかお店か何か自分でやりたいと思っていました

でもそれがなんなのか、なんでもいいからなにか自分でやりたいって気持ちしかありませんでした

でもやるならやっぱ、カフェなどの飲食店が無難かなぁなんて思ってました(今考えるとなんとも失礼な)

学校を卒業して残り8か月、7月でした

ある学校をネットで発見しました

コーヒーを学べるバリスタコース5週間コース開講

新しい学校で5週間という短い期間で学べて向こうの資格も取れる

そして値段が安い!

しかも今までうんざりするくらい母国語を学校で話す友達たちに苛立ってきた自分、この学校では喋ったらその日一日退学

環境がすべて自分に向いててすぐに行くことを決めました

この時からだったのかもしれません

いつかなにかをやるじゃなく、カフェをやるって思うようになったのは・・・

まだまだ今考えてもコーヒーのことを何にも知らない頃(ラテすらも知りません笑)

今考えるとその学校にさえいけばすべてが自分の中で変わり、すごいとこなんだと思ってた自分

恥ずかしい思い出です笑

すぐ学校に問い合わせ、そして入学試験をすぐに受けに行きました

やはり英語の授業なのである程度の英語力がないとダメとのことで

試験はクリアしたんですが学校に4か月も行った為、お金に余裕がありませんでした

そこで仕事探し

先にカフェで働いてしまえ!と言わんばかりに、1日コースで一番初歩のバリスタの資格が取れるコースを現地人にまざって、英語にはほぼついて行けずもなんとか取得

それを持って履歴書をばらまきました

しかし、どこも最初に経験はあるか?の一言

そんなコースなんも相手にしてくれません

メルボルンはほんとに世界でもトップのコーヒー文化

そんなことさえまだ知らずにいた懐かしい日々です笑

つづく

Mr childrenのTomorrow never knowsのPVで使われた Great Ocean Road

My story of coffee①2011.05.14

今日は僕のコーヒーを始めるきっかけから少しお話しようと思います

2008年3月7日、オーストラリアのメルボルンに英語を勉強しにワーホリで到着

これは僕にとって2度目の海外長期生活でした(1度目は2006年にニュージーランドのクライストチャーチ、フォックスグレイシアにワーホリで約1年)

この時まだコーヒーを飲むという習慣はまったくありませんでした

ただ勉強が集中できそうなとこということだけで来た街

約4か月学校行ってる間も、友達が毎時間のようにコーヒーを買って飲んでる中、僕はミルクシェイクとか飲んでました笑

学校を卒業し英語もそこそこになり、もうこれ以上学校で勉強はもったいないなと、自分の将来につながる道を考えようと思っていました

オーストラリアでは農場などの仕事を3か月経験することによって、もう一年滞在を許可されるセカンドワーキングホリデーというビザがあるんですが、もちろん僕はそれを取って2年、できれば永住に向けて行こうと思ってこの国に来てました

そんな中、仕事を探しながら次の永住に向けて専門学校などを調べてるとある一つのコースを見つけました

つづく

Flinders lane

©2015 Caferista. all rights reserved.

PAGETOP